maemotoのブログ

3夜連続 Leap Motionのワークショップを開催しました!TMCN tech cafe Vol.01

|

4月21(月)~23日(水)の3日間、Tokyo MotionControl Network主催、Leap Motion社の日本でのパートナーであるBBソフトサービス社(BBSS)協賛によるLEAP MOTIONセンサーのワークショップセミナー

Tokyo MotionControl Network tech-cafe Vol.01  ~ Leap in the Cloud / LeapMotionで学ぶ3Dセンサー開発 ~」(長い)

を開催しました!
BBSSさまのご支援でこんなにLEAP MOTIONを貸していただきました!壮観!
そして参加申し込みも80名枠が全部うまって満員御礼でした!

 

★ 4/21(月) Day 1 : あなたが知らないLeapMotionの基礎
講師: 中村薫@NaturalSoftware / MicrosoftMVP 
https://twitter.com/kaorun55 

Day1はLEAP MOTIONとはなんぞや?という基礎のお話です。
まずはBBSS松井さまより、今後のLEAP MOTIONの戦略、未来像についてのお話をお聞きしました。
 

LEAP MOTION、PCへのビルトインがされたり、ソフトウェアの進歩でまだまだ強くなるそうです!
そしてLEAP MOTION社の収入はアプリストアでの売り上げで、ハードウェアでは利益が出ない感じなのでぜひ日本発のアプリをストアにだしましょう!
がんばりますw

そして続くセミナーではセンサーだけでお仕事してる、TMCN 中村さんからのLEAP MOTIONの実演も交えたご紹介。
何気に買ってきたLEAP MOTION、知ってみるとやっぱりすごいセンサーです。
 

このDay1では参加者みんながLEAPのSDKを自分のPCにセットアップし、サンプルなどを動かして動作確認ができるところまで到達できました^^

 

★ 4/22(火) Day 2 : 誰もがつまづく3D認識の課題 
講師: 前本知志@(株)システムフレンド

はい!2日目の担当は僭越ながら弊社前本がお送りさせて頂きました。

Day1の続きで、センサー買ってきた!→サンプル動いた!→SDKもインストールだん!→→→えっと、ここからどうすれば(´・ω・`)
という誰もが経験する通過儀礼を乗り越えられるよう、そっと背中を教えあげることができればよいなと思って講義をさせていただきました。

 

サンプルコードはこちら 
https://github.com/TMCN/TechCafe-Vol-01/tree/master/Day2 

割と地味な内容ながら大事な基礎ですので今後センサープログラミングを始める方のお役に立てればよいなと思います。

このDay2では参加者みなさんがセンサーが検知した手や指の位置や本数をプログラムで扱えるようになりましたね。

 

 

★ 4/23(水) Day 3 : LeapMotionの可能性は雲の中に 
初音玲@Microsoft MVP 
https://twitter.com/hatsune_ 

さていよいよ最終日!
センサーの情報をクラウドに上げて、サービス化しちゃいますよ!
センサーはクラウドと組み合わせることで大きな価値を生み出せます。
お題は、クラウドじゃんけん!
LEAP MOTIONで認識した手のグー、チョキ、パー状態をWindows Azureへ送信して、リアルタイムに勝負!

 

少しデータをWebにアップするところでハードルがあったようですが、皆さん頑張って実装を進めましたね。

そしてその間にBBSS松井さまよりシークレットセッション。
ここはUstreamの配信を止め、SNSへのシェアも禁止。
来た人だけは知っている重大発表がありました!!

そしてフィナーレはみんなでクラウドじゃんけんぽん!

勝者にはLEAPさんから素敵なグッズがプレセントされました。おめでとうございまーす^^
 

 

というわけで、3夜連続ワークショップ。
楽しく盛り上がりましたね。

これまで興味はあってもプログラミングまでは手が出せなかった人も次のステージへ進むことができて、「プログラムがセンサーに反応して動く喜び」を感じて大喜びしている姿を見て本当によかったな~としみじみと思いました。

そして新たなセンサープログラマーがこのイベントでは多数誕生しました。
面白いアイディアはあるのにプログラムは難しい、という状況を少しだけ改善できたのはセンサー業界にとっても大きな一歩になったのではないかな、とぼくは思っています。

今回ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

 

関連記事