社員ブログ

越境ECセミナー登壇

|

朝山です。先日10/26にロックオンさんの主催の越境ECセミナーにパネリストとして登壇してきました。(https://www.lockon.co.jp/release/6386/)

と言いながら、実は越境ECサイトというものは作ったことがないです。

その理由は後で説明するとして、どんなサイトなら作ったことがあるかと言いますと、インバウンド向けサイトとか、BtoBの海外向けサイトなどです。インバウンドはここ数年、とても流行している言葉ですね。海外からの観光客向けのサービスを指しているのですが、インバウンドという言葉だけ聞くと、コールセンターの話かと思ってしまいます。


インバウンド向けでどうやってECサイトが成立するのか、イメージわきますか? 実はいろいろなサービスがありますが、国内に住んでいる私たちは使わないですし目にすることが少ないです。

逆に海外旅行に行くとその国のインバウンド向けサービスを目にします。現地に着くと日本語で書かれた無料のガイドブックなどをもらうことがあると思います。そこには現地のお店とかサービスの宣伝がいろいろ掲載されていますよね。同じように、訪日観光客向けにもそれぞれの言語で作成された無料のガイドブックがあります。日本のガイドブックの中身をじっくり見たことがないかもしれませんが、旅行者が手にされているのを目にすることがありませんか。そこには観光客に向けてのサービスがいろいろ書かれていて、そこにはいわゆるインバウンド向けビジネスがあります。

弊社で初めてEC-CUBEで多言語サイトのお手伝いをしたのは、そういうガイドに掲載されているインバウンド向けサービスでした。2010年ごろでしたから、訪日客のことをインバウンドと言ったりはしていなかったと思います。

そのサイトのメインのサービスはスーツケースをホテルや空港にお届けする運送業でした。そのサイトで日本のお土産を販売して、空港にお届けするようにしたところ、人気が出たそうです。なかでも冷凍のお寿司が人気で、どうやら空港で受け取って、帰国されてすぐに家族と食べたいと思って購入されるようです。そのほか大きな皿や壺など重量のある品も空港渡しが都合が良いようです。免税店なども、ECサイトで注文して空港で渡すというサービスをされているところがあります。

他にも、日本で使えるSIMカードの容量追加サービスなどもお手伝いしたことがあります。これも旅行代理店やガイドブックと切り離せないインバウンド系サービスです。

このようなインバウンド向けサービスは2020年に向けてどんどん増えてくるのではないかと思います。こういうケースではEC-CUBE3はsilexベースなので、EC-CUBE2よりは言語差し替えなどやりやすいです。

とはいえ、本格的に越境ECといえば、日本のサイトに外国からアクセスがあり、EMSとかで海外に発送するというイメージなのではないかと思います。弊社でもしばしば相談いただくのではありますが、なかなか実際のサイト構築には至りませんでした。その理由なのですが、越境ECそのものはある程度順調に成長すると越境ECではなくなってしまうからだと思っています。

日本から発送して外国の注文者に商品を届ける場合、送料が問題になります。それでも、日本のECサイトでしか手に入らない商品であれば成立します。もしそういう商品に継続的な需要があるとしたら、本格的越境ECとして整備するというよりは、相手先の国に代理店を作って販売したほう輸送効率がよくなります。そうなると越境ECじゃなくて普通の輸出です。そういうわけで越境ECと言っている間にはECサイト整備の予算はそれほどなく、売上ができて予算が出るところまでいけば本格的に輸出ということになり、ECサイトを作るとすれば現地の代理店の仕事になります。

越境ECの相談の際に、カスタマイズのコストや運用のコストがしばしば問題になります。最初は、国内向けサイトと言語切替ボタンを作って全く同じ仕組みで、海外出荷ができるサイトを作りたいという要望なのですが、運用を考えてみると、デメリットも大きいことに気が付きます。受注をまとめて納品書を印刷したり、B2とか飛伝とかにデータを送るという運用をされていることが多いと思いますが、一部だけはinvoiceを印刷してEMSに出すとかしないといけなくなります。ほかにも郵便番号や都道府県があったりなかったりなど、受注をまとめて処理しにくいいろいろな要素があり、私の考えでは、国外向けは国内向けとは別にサイトを作ったほうが都合がいいと思います。

 

その点、転送コムさん(http://www.tenso.com/)のサービスはとても現実的だなと思いました。tensoさんは、外国人のお客様の代わりに荷物を日本国内で受け取って、まとめて外国に発送してくれるというサービスになります。tensoさん経由の場合、ECサイト側では海外向けの特別な作業をする必要がありません。お話を聞いたところ、いったん日本で荷物を受け取って開梱して、荷物もまとめて、invoiceを作って送ってくれるそうです。

マシュマロの「やわはだ」さん(http://sanpasta.ocnk.net/)は、SNSで人気爆発して海外からの注文が増えて、最初はEMSで送られていたそうですが、手間が大変なので現在はtensoさんを使ってくださいということになっているそうです。

マシュマロ

これ、やわはださんからもらったマシュマロです。こんなことを書きながら、マシュマロは関係ない。本文には関係ない。という歌詞を思い出しました。でも本文に関係ありますw

やわはださんのサイトの海外の注文者向けの説明ページが良くできています。(http://sanpasta.ocnk.net/page/29) たくさんの問い合わせをもらいながら整備したそうです。参考になります。

結論としては、狙って越境ECというよりも、SNSなどで種を撒きつつ、もし注文が入ったら転送コムさん経由で買ってもらうというところからスタートするのが良いと思います。またお客さんが米国ならpaypalが使えると安心してもらえるというところはあると思います。

 

勉強会レポート Web Touch Meeting & LBI サロン @広島

|

先日告知していました、Web Touch Meeting & LBIサロンのイベントレポートです。

広島の八丁堀にあるYMCAさんの会議室をお借りして、先週2/20(土)に開催しました。

最初のセッションはロックオンの足立さん。足立さんはEC-CUBEのエバンジェリストとしても活動されています。大阪から着ていただきました。

今回は「ざっくりわかるEC-CUBE3」ということで、EC-CUBEの最新バージョンであるEC-CUBE3について話していただきました。出席者もEC-CUBEはほとんどの方がご存知でしたけど、EC-CUBE3を触ったことがあるという方はまだ少数派でした。今回はEC-CUBE3の素敵な事例も紹介しつつ、EC-CUBE3の魅力について紹介していただきました。

2番目のセッションは弊社ことシステムフレンドの藪兼さんです。

テーマは「ECサイトの裏方さんのお仕事」。そこそこな数のサービスをほとんど一人で切り盛りしてまして、その苦労話と現実的な工夫について紹介していただきました。これはインフラ屋さんのお世話になっているすべての開発者に聞いてほしい話でした。

3番目のセッションはスカイアーチネットワークスの松田さんです。弊社も365*24体制が必要な場合はお世話になっています。

テーマは「クラウド時代の安定運用のコツ ~今、運用アウトソースが重宝される理由とは~」ということで、運用のプロの仕事について語っていただきました。クラウドによって、いろいろなことが手軽になったとはいえ、運用の手間から完全に開放されたわけではないですし、そういう中でもより賢い組み合わせでの利用が求めらているという点が興味深かったです。

今回もWEB TOUCH MEETINGの藤本さんには勉強会運営のいろいろを教えていただき感謝です。

システムフレンドも東京に拠点を作って10年ちょっとになるのですが、東京でいろんなプロジェクトやサービスを展開されている方と知り合いになっています。そういう新しい取り組みを地方の広島にも紹介するようなことにこれからも取り組めていければと思っていますので、何かアイディアがあれば声をかけていただけるとうれしいです。

2015年度 第4回 Web Touch meeting 共催 LBI サロン @広島

|

今年もLBI(Linuxビジネスイニシアチブ)の勉強会をWeb Touch Meetingと共催で開催することになりました。

来週の土曜日の午後に開催です。
今年はテーマは「ECサイトの構築とサーバ運用」です。ぜひ参加してみてください。


日時:2月20日(土) 15:00から17:00(開場14:30) 入場無料でどなたでも参加いただけます。
場所:YMCA国際文化センター本館405号室 (広島県広島市中区八丁堀7-11)
 
参加申し込みはこちらから。(早目に申し込んでいただけると助かります)
http://www.lbi.gr.jp/modules/eguide/event.php?eid=62

WEB TOUCH MEETINGのサイトでのイベント案内はこちら
http://www.webtouchmeeting.com/meeting/2016/01/lbi-87web-touch-meeting.html

会費制の懇親会も企画しています。
LBIはLinux Business Initiativeの略で、もともとオープンソースをビジネスに結び付けることを意識しています。
勉強会といえども、ECやサーバ運用についてのビジネス的な相談もウェルカムです。

 

EC-CUBE ユーザーズカンファレンス2016 に登壇しました

|

こんにちは。朝山です。

だいたい毎年1月にEC-CUBE新年会ということで、パトナーが集まって交流する会が開かれていたのですが、今年も開催されました。
今年はユーザーズカンファレンス新春ということで、ただの交流会というよりはセミナー中心な会になりました。

私こと朝山も、ロックオンの金さん、足立さんに交じって登壇させていただきました。
内容としては、Ver2からVer3への移行を実施したときの、ウチのチームの各メンバーの意見などを集めて発表させてもらいました。
軽い内容のつもりだったのですが、かなり真剣に聞いていただいて、その後のパーティーの際もいろいろ声をかけていただきました。(声をかけてくださったみなさま、ありがとうございます)

その時のスライドをシェアしておきます。

 

 


セミナーの後、Ver3のプラグインコンテストが開催されました。
システムフレンドは残念ながら、1本もノミネートされていなかったのですが・・・・
なんと弊社の喜田が夜な夜な作ったプラグインをsystemkdなる個人名義で出したらノミネートされたということで、いきなりサプライズで参加していました。
わざわざ有給とって自腹で参加とは、本気で賞金を取りに来てるな(笑)とみんなで冗談を言っていたのですが、なんと最優秀賞をもらって帰りました!

喜田さん受賞


プッシュ通知ができるプラグインで、何か有償のサービスを使ったりしないで済むものなので、なかなか優れものだと思います。
これも、よかったら使ってみてください。
Push配信プラグイン【D-POST】

税抜表示の注意点-EC-CUBE工房より

|

EC-CUBE工房の記事を追加しました。最近、問い合わせが多い税抜表示について、です。

基本的に、ECサイトの場合、税抜表示にする必然性はないと思うのです。リアル店舗と違って値札の付け替えなどがあるわけではないですから。
ただし、静的に作ってるランディングページはリアル店舗の値札と同様、3/31の夜中に一斉に変更するのは難しいという問題があります。

必然性はなくとも、購入者の印象を考えると、税抜表示にしたいなぁ、というショップオーナーの気持ちはわからないではないところです。ですが、変更箇所が多くて、それなりに大変なんです。そういったことを記事にしてみています。

http://ec-cube.systemfriend.co.jp/consult/consult0028/

よろしければ、EC-CUBE工房もご覧ください。

ネットショップの壺

|

EC-CUBE公式ブログがオープンしました。その名も「ネットショップの壺」。


http://www.ec-cube.net/tsubo/

先月もEC-CUBE新年会が開催されたたのですが、EC-CUBEのパートナー同士はみなさん顔見知りだったりします。同じ業種なので商売上のライバルでもあるのですが、得意な部分については支援を依頼したりされたりということもありますし、お互いの事務所を行き来して情報交換をすることもしばしばあります。セキュリティワーキンググループのような会社を超えて、いろいろ協力する場面もあります。このEC-CUBE公式ブログもそういった取り組みの一つとして生まれたものです。

このブログの解説にあたっては、コミュニティの常連さんのみなさんに声が掛けられていて、すでに記事がいろいろ掲載されています。内容としてはEC-CUBEのノウハウというよりは、ECそのもののノウハウといった記事が掲載されています。

システムフレンドからも、わたくし朝山と、羽生がオープンに合わせて記事を寄稿させていただきました。

朝山の記事は、ECサイト構築時の要件定義について、というモノです。初回は要件定義というところまで、たどり着けていないんですが、何回かに分けて寄稿したいなと思っています。

http://www.ec-cube.net/tsubo/2014/02/14/365

羽生の記事は、Amazon Web ServiceのいろんなサービスをどうやってEC-CUBEと組み合わせたらいい?というテーマで書いています。Amazonのサービスはいろいろありすぎて逆に分かりにくいというところもあるんですが、ハートウォーミングなイラストで分かり易く説明されています。ちなみにこのイラストは片岡が描いてくれました。

http://www.ec-cube.net/tsubo/2014/02/10/219

 

他のパートナーさんの記事も、とても勉強になります。今後、どんどん記事が投稿されると思いますので、乞うご期待。

ページ

RSS - EC-CUBE を購読