teraoのブログ

Unityの便利な無料アセット紹介「LeanTween」

|

Unityにはアニメーション機能があります。主にキャラクターの移動や待機中のモーション、攻撃のモーションなど使われます。

ちょっとだけのアニメーション(テキストの色を何秒ごとに変えたり、メニューで選択中のモーションなど)ならスクリプトのみでやりたい。でも、スクリプトだけだと、Animatorクラスの生成や機能設定をしたり、アニメーションデータをスクリプトで作るのに時間かかる。

そこでスクリプトのみで簡単にアニメーションを作れるアセット「LeanTween」を紹介します。

 

https://www.assetstore.unity3d.com/jp/#!/content/3595

 

Unity内機能のアニメーションを使わず、LeanTweenをスクリプトで数行のみ書くだけで簡単にアニメーションが作れます。実際に書いてみたのが下の画像になります。

他にも、Easingを付け加えることでリアルなアニメーションやアニメーション中にキャンセル、オブジェクトの移動と同時に色の変化もできる。

 

実際に動かしてみた

https://www.youtube.com/watch?v=qenP0XT6E-0

 

私も個人開発(趣味)でこれを知るまでアニメーションのコントロール機能の作成やアニメーションのデータの差し替えするに時間がかかった(1~2日)が、LeanTweenを導入後

作るのにあれだけかかったのがたったの2~3時間で完成しました。

ちょっとだけのアニメーションを作るならLeanTweenがおすすめです。

 

RSS - teraoのブログ を購読