asayamaのブログ

ナチュラルガーリー系ファッションサイトのご紹介

|

朝山です。今年(2012)の4月にオープンしたお客様のECサイトをご紹介します。

faddish(ファディッシュ)http://www.faddish.jp/



2009年にオープンしたナチュラルガーリーをテーマにしたファッションサイト。20代後半から30代にかけての女性にコアなファンが多いサイトです。デザインはそのままにEC-CUBEベースにリニューアルしました。モデルの女の子がキュートですね。まるでファッション雑誌を見ているようなサイトです。

gigi(ジジ)http://www.gi-gi.jp/


faddishのジュエリー部門からスピンアウトしたサイトです。小さな展示会を回って知り合った才能あふれるジュエリーデザイナーの作品が数多くラインナップされています。すごく個性的なデザインで、男のわたくし朝山が見ていても面白いです。こういう遊び心あるデザインのアクセサリーは、どっちかというと自分で買うよりプレゼントされるとよりうれしいものかもしれません。

このモンキーとか、フラミンゴとか、楽しい雰囲気が好きな彼女には喜んでもらえるかもですね。



無難なのは花モチーフとかだと思うのですが、こちらもほかではなかなかない雰囲気ですよね。



ankle(アンクル)http://www.ankle.jp/



バイヤーみずからハンガリー、チェコ、ドイツの蚤の市で掘り出してきたヴィンテージ雑貨を販売しています。ほかのサイトでは絶対に購入できないようなラインナップです。東欧、行ってみたいです。。なかなか行けない方も、ankleで東欧の空気を味わってみてはいかがでしょうか。



この3つのサイトはいずれもベースはEC-CUBE2.11です。EC-CUBEをよくご存知の方から見ると、EC-CUBEではないサイトに見えると思います。ですが、カートまで進んでいただければ、EC-CUBEであることが分かると思います。

この3つのサイトはカートを共有していまして、一緒に注文することができるようになっています。それでカート部分はEC-CUBEになっています。そのため、3つのサイトとも注文は共通で管理できます。また、複数サイトの商品を同時に決済することも可能です。商品管理もEC-CUBEを利用していますが、フロント側の商品一覧や商品詳細は、EC-CUBEに商品検索APIを追加して、APIで戻ってきた商品を各サイトで自由な形式で表示しています。そのため、商品一覧などはまったくEC-CUBEと異なった方式になっています。

EC-CUBEで複数店舗を運営しているものの、管理画面は1つにまとめたいというケースで、この方法は使えそうなテクニックです。


また、この3つのサイトの特色は、商品ページでの画像数の多さだと思います。これにつきましては、flickrの有料サービスを利用しています。flickrですと、純正のアップロードツールで商品コードをタグにつけてぼんぼんアップロードして、商品ページの表示のときにはAPIで画像の一覧を取ってきて、flickrの画像を表示しす。flickrのapiはたまに遅いので、一度表示した商品についてはキャッシュにファイルリストを取っておくようにもしてあります。

Flickrの利用で狙ったメリットは3つです。1つは、EC-CUBEの画面で商品を登録するより簡単に写真が登録できるようになるということです。Flickr純正のFlickr Uploadrというツールが優れものでして、複数商品の複数画像を一気にアップロードしてタグ設定できて、すこぶる快適です。

2つ目はサーバ負荷が減るということです。CDN的な効果までは狙えないということらしいですが、USAサーバと思われるのに、レスポンス悪くなく画像が返ってきます。少なくともサーバ負荷軽減には大いに貢献していると思います。

3点目はFlickrの画像は画像検索に乗りやすいというウワサがあったのですが、これについては真偽のほどはよく分かりません。今のところ、良くもなく悪くもない、という印象です。

EC-CUBEで画像数を増やしたい方は、検討の余地のある手法だと思います。

お客様のサービスを紹介します:医療機関向け予約ASP

|

朝山です。本日ご紹介するのは日本ビスカ株式会社の医療機関向け予約ASP「Mr.WEB予約V」です。

日本ビスカ株式会社 http://www.visca.co.jp/
Mr.WEB予約V http://www.mrweb-yoyaku.jp/
(こちらのサイトでデモも見れます)


わたくし朝山は、身体は丈夫で風邪もめったに引かず、虫歯もなければ視力も野生動物なみで、病院とは縁が薄いのですが、子供が生まれてからは家族としては病院と関わることが増えました。子供は元気でも予防接種を受けないといけないですから。

子供の予防接種のために内科や小児科に行くわけなのですが、抵抗力の弱い赤ちゃんを、わざわざインフルエンザの患者でごったがえす待合室に連れて行く気にはなれないですよね。通常の診察と分離して予防接種の予約が取れる病院じゃないと、連れて行く気が起こらないと思います。ウチの子供をつれて行く病院は予約ができるのですが、ネットで予約はできないので、「Mr.WEB予約V」を導入して欲しいなぁ、などと思ってしまいます(笑)

「Mr.WEB予約V」では、予防接種の種類とかも含めて予約できるように設定できます。3種混合とかBCGとか以外にもHibとか肺炎球菌とかいろいろな予防接種がありまして、モノによってはまとめて実施してくれるお医者さんもいらっしゃいます。「Mr.WEB予約V」では複数の予防接種を指定するといったことも可能になっています。


朝山の妻の話によりますと、幼稚園のママ友の間では病院の予約システムのことが話題になることがよくあるそうなんです。ウチの近所の耳鼻科の先生は評判が良いのですが、朝8時に予約システムがオープンして、みんなが一斉に予約するので、なかなかサーバにつながらないそうなんです。運よくチャレンジが成功し、1ケタ台の予約が取れた!と言ったことが、園バス待ちのときの話題になるそうなんです(笑)

「Mr.WEB予約V」では、時間予約、順番予約、折衷型の時間帯予約ができます。患者の立場からすると時間予約が取れる方が良いのですが、1人1人の診療時間が短く、患者さんの多い医院では順番予約のほうが医院にとって都合がよかったりします。「Mr.WEB予約V」では、順番予約の場合でも「あと何人メール」などを送ることによって、患者さんのストレスを軽減するようにしています。

歯科医院では時間予約が一般的だと思うのですが、次回治療内容をあらかじめ設定しておけば、担当の先生と次回の予約の時間の長さを設定しておくことができて、忙しい医院でもかなりきめ細かく予約を埋めることができます。



「Mr.WEB予約V」のおすすめポイントについては、説明を始めるとキリがなくなってしまいます。このような素敵なシステムなのですが、開発はとても大変でしたw といいますのが、病院の予約という業務が思っていたよりずっとファジーなものだったからです。病院予約の決定打といえるようなソフトが存在しないのも、そのようなところが原因なのではないかと思います。

例えば、普通は1時間に4人しか診療できる医院でも、その4人のうち1人の診療にほとんど時間がかからないことが分かっていれば5人予約を取ってもよいですし、反対に1人の診療に時間がかかる場合、3人しか対応できないというケースがあります。患者さんから電話をもらって、ベテランの受付さんが手書きのノートで管理されている場合は、ときには予約情報をマス目からはみ出して枠外に記載されたりなどして、融通を利かせた運用をされていると思います。一方、システムでは、矛盾したように思える要望を実現するのは難しいです。「Mr.WEB予約V」では、手書きノートを参考にして、融通の利く予約管理システムにすることを心がけました。


ビスカ様はカルテファイリングシステムの販売や病院のホームページ作成などを通して数多くの医療機関をお客様としてらっしゃいます。お客様であるさまざまな診療科の医院様から実際の予約業務についてヒアリングしていただいた内容を仕様策定に活用させていただきました。また、この「Mr.WEB予約V」は実は2代目でして、初代のWEB予約を導入された数十の医療機関様からいただいた宿題にも対応しつつ開発しています。


「Mr.WEB予約V」の導入にあたりましても、医療機関の予約業務の実際を数多く目にしている日本ビスカのスタッフの方が支援されています。ASPで気軽に利用できるとはいえ、スムーズな導入と機能をフル活用のためには、人間系の支援の手厚さが重要なのではないかと思います。現在、順調に導入数が増えていますが、そのあたりに好調の理由があるのではないかと思います。


医療機関向け予約システムに関心をお持ちの方は、ぜひ日本ビスカ株式会社にお問わわせいただければと思います。もちろん、システムフレンドにお問い合わせいただいても、ご紹介いたしますので声をかけていただければと思います。


参考情報ですが、この予約ASPの開発には約9か月を要しました。予約業務はファジーだと前述いたしましたが、ファジーなものをいかにシステムに載せるために、なんとかよいアイディアを出す必要がありました。設計段階でもASPとしての運用を踏まえて、いかにサーバの負荷を押さえつつ機能を実現するかという課題がありました。お客様であるビスカのご担当者様にも、何度も夜遅くまでの打ち合わせにお付き合いいただきまして、リリースまでこぎつけることができました。開発スタッフ一同、このプロジェクトに携われたことはとても刺激的でとても幸運な経験だったと感じております。

現在もQA対応やソフトウェア管理やサーバ管理など、システムサポートを委託していただいております。社会を便利にするこういった仕組みのお手伝いをできることは大変光栄なことだと思っております。


自社サービスの構築を検討されているお客様は、ぜひシステムフレンドまでお問い合わせいただければ幸いです。企画、要件定義の段階から実運用のお手伝いまでフルサポートさせていただきます。

2011年度 第4回 LBIサロンのご案内

|

こんにちは。朝山です。

今年はLBI(Linux Business Initiative http://www.lbi.gr.jp/)という団体のお手伝いをさせていただいております。

LBIは1998年にLinux に関する広報、啓蒙活動を行うことを目的として、当時Linuxのサポートを開始していた先進的なベンダーによって設立されたものです。

現在となってはLinuxの啓蒙活動は全く不要なほどにLinuxは普及しましたが、LBIはその後もオープンソースのさまざまなプロダクトについての情 報交換の場として活動し続けています。そのような場として、ここ数年は「サロン」というものを開催しています。サロンでは毎回さまざまな分野のゲストス ピーカーをおよびして、オープンソース系のビジネスについてのセミナーと、情報交換会を開催しています。

2011年度第4回サロンは、LBI初となる広島での開催となります。

ぜひご参加ください。

開催日時 2012年2月18日 土曜日 14:00-16:30 (13:30受付開始)
会場 RCC文化センター 会議室613号
広島市中区橋本町5-11
JR広島駅南口より徒歩10分
銀山町電停より徒歩5分
費用 無料

17:00-19:00 懇親会 L'opera ロペラ (@橋本町)
懇親会は会費制 会員2,000円 一般3,000円

定員 40名

お申込みはこちらから。http://www.lbi.gr.jp/modules/eguide/event.php?eid=40#form

今回はWEB上でのオープンソース活用をテーマにしています。
セミナーの内容を以下にご紹介いたします。

(1)EC-CUBEによるECサイト構築入門+簡単ソーシャル連携
EC-CUBE公式エバンジェリスト 株式会社システムフレンド 西村誠

EC-CUBEはオープンソースのECサイト構築ソフトです。シェアNo1ということで、日本で構築されるECサイトでは、EC-CUBEをベースに構築されているものが最も多いです。
今回はEC-CUBEでできることの簡単な紹介と、Facebookやtwitterと連携するといた簡単なカスタマイズを実演します。


(2)レガシーアプリへのjQueryMobile導入の実際
株式会社オレンジソフト 代表取締役 日比野洋克様

jQuery Mobileとは、jQueryのプラグインとして動作するスマートフォン向けWebアプリケーションのライブラリです。各種の部品が用意されていて、手軽にスマートフォンに最適化されたUIを作成できます。
今回は実際に稼働中のアプリケーションにjQuery Mobileを実装した経験をもとに、困ったことや対策として実施したことなどを実演を交えながら紹介します。

(3)オープンソース汎用CMS GeeklogとFacebook連携
Geeklog 日本ユーザ会 代表 株式会社アイビー・ウィー 代表取締役 今駒哲子様

Geeklogとは、一般的なサイトからグループウェア、さらに高機能なポータルサイトまで、様々なサイト構築を可能にする汎用CMSです。携帯対応、多言語対応も可能で、SEOに強いといった特徴があります。
Geeklogは開発者にやさしいCMSであり、関数の命名規則が整って開発体制も統制が取れ、日本語開発者が多く、世界的なプロジェクトにうまく日本の開発者が溶け込んでいます。そのため、公開されているテーマやプラグインは、日本の開発者がしっかりと対応しており、安心して使用できます。

今回は旬な話題ということで、Facebook連携をテーマにGeeklogを紹介します。


(4)キャラクタを使ったソフトウェアブランド構築
株式会社データ変換研究所 代表取締役 畑中豊司様

データ変換研究所のソフトウェア製品「テラミリオン」のサイト作成やブランド作りについて紹介します。
http://www.teramillion.com/

「テラミリオン」はWEBサイトのクローリングとそこから有効なデータを収集するというソフトウェア製品群です。そのメインの製品とオプショナルな製品を、1人の女性と6匹のワンちゃんというキャラクタにして紹介しています。サイトやパンフレット作りの実際や、その狙いと効果について発表します。

Windows95からWindows7へのアプリ移植

|

朝山です。今日はVBことVisual Basicについて思ったことをつれづれと。

本日某所に納品作業で出かけて行ったのですが、その仕事というのがWindows95で稼働しているVB5で作成したローカルアプリケーションを、Windows7でも動くようにするという仕事でした。Windows95はその名の通り1995年に発売されて、Windows98が出る1998年ごろまでに導入されたものなので、だいたい15年前くらい前に開発されたアプリということになります。さすがにWindows7への移植はうまくいくのかどうかよくわからないと思ったのですが、多少のリスクは覚悟でチャレンジしてみました。

VBのアプリを動作させるためには、ランタイムと言われる部品が必要になります。VBは実行ファイル(EXE)だけでは動かないのです。そのようなわけで、まずはWindows7で動くランタイムがあるかどうかを調べるところからスタートすることになります。(もちろん、そのあたりの調査は見積時にしてますw)

VB5のランタイムはさすがにWindows7では動くのかどうか情報がありません。しかし、ありがたいことにVB6であればWindows7でもランタイムの動作は保障されているようです。しかもOSにもともと同梱されているとのこと! 以下にVBのランタイムのサポート状況が記載されていますね。やったーMicrosoftバンザイ。
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/vbasic/cc707268

VB5→VB6の移植はその昔何度もやったことがあるんですが、基本的にはコンパイルをやり直せばそのまま動いてしまいます。ちょっとした調整が必要になることもあったと思うのですが、ずいぶん昔のことなので覚えていません。今回の件もコンパイルだけは何もコードを変更しなくても通りました。そして、コンパイルしたらWindows7でさくっと起動しました。

それからすべての挙動のテストを開始したのですが、肝心なところが動かないということが分かりました。無線のハンディーターミナルとソケット通信をしているのですが、その部分が動くとアプリがフリーズしてしまうのです。中身を調べてみますと、その通信部分は独自のOCXが利用されていました。VB6にはMSWinsck.OCXという純正のソケット通信用の部品があるので、それを使っているものだとばかり思っていました。VB5の時代にはMSWinsck.OCXはなかったのかもしれません。その独自OCXのソースファイルがないので修正することもできません。中身で何をやっているかはわからないのですが、ハンディターミナル側のプログラムから推測するに、特別なことは何もやっていないようでしたので、MSWinsck.OCXを利用するように作り直しました。

上記のWinsockのMSWINSCK.OCXやよく使う部品をあつめたMSCOMCTL.OCXといった、MS純正の部品はWindows7にデフォルトインストールされているランタイムには含まれていないようです。このあたりはランタイムに含まれているのかと思い込んでいました。これらのOCXは自分でインストールする必要があります。VISTA以降はUAC(ユーザアカウントコントロール)がうるさいですね。今回は納めるPCは1台だけでしたので、インストーラーは作らず、1回だけ管理者モードで実行してOCXが使えるようにしました。

Vectorとかでは、この手のVBの主要OCXをインストールするためのインストーラーが配布されているようです。MSのサイトにないかなと探したのですが、これらのOCXがどこでダウンロードできるのか分かりませんでした。Vectorとかに置いてあるということは、ある程度需要があるということなのだと思います。ウチの場合は昔のVisual studioなども取ってありますので大丈夫です。Delphiとかもありますよ。

独自OCX以外にも、もう一つ問題がありました。そのアプリはアプリ終了時にOSをシャットダウンするWIN32APIを呼んでいるのです。Windows95では、何の権限も必要ないのですが、Windows7ではそういうわけにはいきません。権限のことはちょっとややこしかったので、外部コマンドでshutdownを呼ぶということで、この点は逃げました。WIN32APIを直接たたいている部分は要注意箇所ですね。


といった具合で、無事に移植を完了することはできました。一工夫は必要でしたが、想定内に収まっていたと思います。ということで15年前のアプリが、Windows7で動くようになりました。Windows7のサポートは2020年です。まぁ、現在全くサポートなどされていないWindows95で無事に動いているわけですので、このアプリは2020年よりもっと先まで稼働するんだと思います。そうすると25年とか30年とか動くのかもしれません。

Windows7のサポートについて。
http://support.microsoft.com/lifecycle/search/default.aspx?sort=PN&alpha=Windows+7&Filter=FilterNO


MACの台頭で、過小評価されがちなMS Windowsファミリーですが、圧倒的なシェアの理由はこんなところにもあるのではないかと思いました。

お客様のFacebookページを紹介します

|

です。今日はお客様の株式会社内山福太郎商店さまのソーシャルへの取り組みをご紹介したいと思います。

内山福太郎商店は日本製の中古のフォークリフトや各種重機を海外向けに販売されています。1924年創業の老舗の商社です。

システムフレンドは一昨年、内山さんのホームページを制作を担当させていただきましたが、これは社内データベースの重機の在庫リストをそのままホームページに掲載できるように、裏側で連携しています。ホームページリニューアル以降、新しいお客様も増えてきているようですが、さらに新規顧客を開拓する作戦を考えていました。

こちらが内山福太郎商店さまのページです。

その課題が難しいのは、お客様は世界中にいらっしゃるということなのです。ヨーロッパ、中近東、東南アジア、南米とさまざまな場所にお客様がいらっしゃいます。そういうお客様にどうやってアプローチできるのか、正直なところよく分かりません。いろんな人に聞いても、あまり経験がないんですね。英語圏なら、とか、中国なら、という限定された対象であれば、詳しい方もいらっしゃるのですが。当然、SEOはやってみて、英語のGoogleとかではそこそこ効果が出るのですが、英語でmetaタグ書いたり、タイトル類を丁寧に指定しても、ロシアやドバイの検索エンジンでどの程度効くのかわからないんですよね。そこで、検索エンジンで探してもらうことではなく、ソーシャルで積極的にお客様を巻き込んでいきたいと考えました。

ソーシャルといえは、まずはFacebookですね。

前置きが長くなってしまったのですが、Facebookページを作りました。welcomeページとyoutubeページと、オリジナルのアプリのページを作りました。内山さんのホームページから新規入庫情報を取ってきて載せて、クリックすると自分のウォールに投稿できるようにしておきました。ふつうのECサイトなら、これ欲しいってウォールに書いておけば、誕生日か何かにプレゼントしてくれる人がいるかも、、という使い方なんでしょうが、船で運んでくる重機だとあまりプレゼントしてもらえることは期待できなさそうなんですが、何か面白い使い方をしてくれる人がいないものだろうか、、と現在は様子見といったところです。

Facebookページをつくるにあたって、いくつかのアプリを利用しました。Welcomeページはウェルカムページメーカーを、youtubeのページはinvolverを使いました。

2011年度第1回LBIサロン Facebook開発実践セミナー

|

こんにちは。朝山です。

今年はLBI(Linux Business Initiative http://www.lbi.gr.jp/)という団体のお手伝いをさせていただいております。

LBIは1998年にLinux に関する広報、啓蒙活動を行うことを目的として、当時Linuxのサポートを開始していた先進的なベンダーによって設立されたものです。

現在となってはLinuxの啓蒙活動は全く不要なほどにLinuxは普及しましたが、LBIはその後もオープンソースのさまざまなプロダクトについての情報交換の場として活動し続けています。そのような場として、ここ数年は「サロン」というものを開催しています。サロンでは毎回さまざまな分野のゲストスピーカーをおよびして、オープンソース系のビジネスについてのセミナーと、情報交換会を開催しています。

今回は今週末9/16(金)に開催予定でして、テーマは「Facebook開発実践セミナー」です。錦糸町の駅徒歩2分のネットエージェント(株)さんの研修室で実施されます。実践ということですので技術的な話題も多いと思うのですが、ビジネスとしての実践の部分も扱われると思いますので、ぜひいろんなポジションの方にきていただきたいと思っております。

こちらから申し込み可能ですので、よろしければぜひどうぞ。

http://www.lbi.gr.jp/modules/eguide/event.php?eid=37#form

ページ

RSS - asayamaのブログ を購読