asayamaのブログ

ニーズ&アイデア フォーラム(NIF ) に行ってきました

|

先日、北千住の東京電機大学のキャンパスで開催された「ニーズ&アイディア フォーラム」を見てきました。

この件もAMED(国立研究開発法人日本医療研究開発機構)の事業の一環だそうです。今回のフォーラムでも各大学のさまざまな学部がコラボレーションして制作した福祉機器が展示されていました。医療機器について、さまざまな背景を持った参加者が参入する入口でのAMEDの存在の大きさをすごく感じます。

このフォーラムについては、国立障害者リハビリテーションセンターのホームページで知りまして、日曜日なので娘にもいろいろ勉強になればいいな、と思って一緒に出掛けました。

車いすに乗ってみたことがない、ということで、大学生のお兄さんお姉さんのスタッフのみなさんにいろいろ体験させてもらいました。車いす用のたたみやすくて着脱しやすい雨具と、足を延ばすことができる装置を試しています。

私は子供のころ、同級生に車いすの女の子がいて、階段を運ぶのとか手伝っていたなぁと思いだしました。こういうちょっとした工夫をみんなでアイディアを出し合って作るという取り組みは素晴らしいと思いますが、娘にそういうものを見せてあげられてよかったな、と思いました。ウチ以外にも何人か子供さんを見かけました。

スポンサー企業の方の製品も体験させてもらいました。ダースベイダーの手?と握手(笑)。子供の手を握っても大丈夫です。

中でも、娘がはまっていたのが、ハンドバイク。宇賀神溶接さんの社長さんに娘が遊んでもらっています。わたしも体験させていただきましたが普通に面白かったです。これは障がいのありなしに関わらず楽しめてすごくいい商品だと思いました。普及してコストが下がるといいですね。

来月は子供の福祉用具展があって、廿日市のであい工房さんも出展されていますので、また子供といっしょに見に行ってみようかなと思います。

勉強会レポート Web Touch Meeting & LBI サロン @広島

|

先日告知していました、Web Touch Meeting & LBIサロンのイベントレポートです。

広島の八丁堀にあるYMCAさんの会議室をお借りして、先週2/20(土)に開催しました。

最初のセッションは株式会社ロックオンの足立さん。足立さんはEC-CUBEのエバンジェリストとしても活動されています。大阪から着ていただきました。

今回は「ざっくりわかるEC-CUBE3」ということで、EC-CUBEの最新バージョンであるEC-CUBE3について話していただきました。出席者もEC-CUBEはほとんどの方がご存知でしたけど、EC-CUBE3を触ったことがあるという方はまだ少数派でした。今回はEC-CUBE3の素敵な事例も紹介しつつ、EC-CUBE3の魅力について紹介していただきました。

2番目のセッションは弊社ことシステムフレンドの藪兼さんです。

テーマは「ECサイトの裏方さんのお仕事」。そこそこな数のサービスをほとんど一人で切り盛りしてまして、その苦労話と現実的な工夫について紹介していただきました。これはインフラ屋さんのお世話になっているすべての開発者に聞いてほしい話でした。

3番目のセッションはスカイアーチネットワークスの松田さんです。弊社も365*24体制が必要な場合はお世話になっています。

テーマは「クラウド時代の安定運用のコツ ~今、運用アウトソースが重宝される理由とは~」ということで、運用のプロの仕事について語っていただきました。クラウドによって、いろいろなことが手軽になったとはいえ、運用の手間から完全に開放されたわけではないですし、そういう中でもより賢い組み合わせでの利用が求めらているという点が興味深かったです。

今回もWEB TOUCH MEETINGの藤本さんには勉強会運営のいろいろを教えていただき感謝です。

システムフレンドも東京に拠点を作って10年ちょっとになるのですが、東京でいろんなプロジェクトやサービスを展開されている方と知り合いになっています。そういう新しい取り組みを地方の広島にも紹介するようなことにこれからも取り組めていければと思っていますので、何かアイディアがあれば声をかけていただけるとうれしいです。

2015年度 第4回 Web Touch meeting 共催 LBI サロン @広島

|

今年もLBI(Linuxビジネスイニシアチブ)の勉強会をWeb Touch Meetingと共催で開催することになりました。

来週の土曜日の午後に開催です。
今年はテーマは「ECサイトの構築とサーバ運用」です。ぜひ参加してみてください。


日時:2月20日(土) 15:00から17:00(開場14:30) 入場無料でどなたでも参加いただけます。
場所:YMCA国際文化センター本館405号室 (広島県広島市中区八丁堀7-11)
 
参加申し込みはこちらから。(早目に申し込んでいただけると助かります)
http://www.lbi.gr.jp/modules/eguide/event.php?eid=62

WEB TOUCH MEETINGのサイトでのイベント案内はこちら
http://www.webtouchmeeting.com/meeting/2016/01/lbi-87web-touch-meeting.html

会費制の懇親会も企画しています。
LBIはLinux Business Initiativeの略で、もともとオープンソースをビジネスに結び付けることを意識しています。
勉強会といえども、ECやサーバ運用についてのビジネス的な相談もウェルカムです。

 

EC-CUBE ユーザーズカンファレンス2016 に登壇しました

|

こんにちは。朝山です。

だいたい毎年1月にEC-CUBE新年会ということで、パトナーが集まって交流する会が開かれていたのですが、今年も開催されました。
今年はユーザーズカンファレンス新春ということで、ただの交流会というよりはセミナー中心な会になりました。

私こと朝山も、株式会社ロックオンの金さん、足立さんに交じって登壇させていただきました。
内容としては、Ver2からVer3への移行を実施したときの、ウチのチームの各メンバーの意見などを集めて発表させてもらいました。
軽い内容のつもりだったのですが、かなり真剣に聞いていただいて、その後のパーティーの際もいろいろ声をかけていただきました。(声をかけてくださったみなさま、ありがとうございます)

その時のスライドをシェアしておきます。

 

 


セミナーの後、Ver3のプラグインコンテストが開催されました。
システムフレンドは残念ながら、1本もノミネートされていなかったのですが・・・・
なんと弊社の喜田が夜な夜な作ったプラグインをsystemkdなる個人名義で出したらノミネートされたということで、いきなりサプライズで参加していました。
わざわざ有給とって自腹で参加とは、本気で賞金を取りに来てるな(笑)とみんなで冗談を言っていたのですが、なんと最優秀賞をもらって帰りました!

喜田さん受賞


プッシュ通知ができるプラグインで、何か有償のサービスを使ったりしないで済むものなので、なかなか優れものだと思います。
これも、よかったら使ってみてください。
Push配信プラグイン【D-POST】

2014年度 第4回 Web Touch meeting 共催 LBI サロン @広島

|

今年もLBI(Linuxビジネスイニシアチブ)の勉強会をWeb Touch Meetingと共催で開催することになりました。

日時:2月21日 14:00から17:00(開場13:30)
入場無料でどなたでも参加いただけます。

[場所]
広島国際会議場 小会議室(ラン)
広島市中区中島町1-5(平和記念公園内)

参加申し込みはこちらからです。
http://www.lbi.gr.jp/modules/eguide/event.php?eid=57


WEB TOUCH MEETINGのサイトでのイベント案内はこちら
http://www.webtouchmeeting.com/meeting/2015/01/5lbi-75web-touch-meeting.html


今回も東京から素敵なゲストをお招きしております。


1コマ目はグッドスマイル ロジスティクス&ソリューションズの藤井さんがお話してくださいます。
グッドスマイルといえばあのねんどろいどとかで有名なあそこです。
中国に工場をお持ちですが、昨年はあえて鳥取県倉吉に工場を建てたということが、ビジネス誌などでも話題になっていました。

また昨年のSUPER GT300でみごとに優勝したのが、グッドスマイルレーシングの初音ミクで飾られたBMWでした。

 

藤井さんはそのグッドスマイルのロジやネット通販を担当されています。
LBIはLINUXの会なんですが、グッドスマイルさんもサーバの台数は実はすごいことになっていまして、LINUXユーザーとしてはヘビーユーザーなのです。
・・・ということはさておいて、藤井さんの話は面白いです。あまりLINUXと関係ないところが面白いと思います。

今回は、フィギュアなどのホビーグッズの海外展開などについて語ってくださる予定になっています。グッスマさんの製品は海外ですごい人気なのです。
藤井さんのキャラもとってもナイスな人なんで、これはもう、聞きにくるしかないでしょう。


2コマ目はマイクロソフトの畠山さんです。

LBIは一応、LINUXの集まりです。ですのでLINUXの世界の重鎮の方々が講演してくださることが多いのです。
わりとアンチMSがお約束、、とまでは言いませんが、お題がLINUXということもあってマイクロソフトの方に来ていただく日が来ようとは思っていませんでした。

畠山さんはAzureのエバンジェリストでらっしゃいまして、実はAzureってLINUXって普通に使えますよ、という話をしてくださいます。
といいつつ、私はAzure Websitesの方がいいなぁと思っているので、LINUXにこだわらずAzureの面白いところを紹介してくださるようお願いしています。

Azureについてはたっぷり時間を取っていますので、Azureについてお聞きになりたい方はこの機会をぜひ逃さずにお越しください。



3コマ目はわたくし朝山が、ほんの少しだけ時間をいただいております。
EC-CUBEのセキュリティワーキンググループの活動について紹介させていただきたく思っています。
EC-CUBE本体とモジュールやプラグインにおけるセキュリティーへの取り組みについて紹介したいと思っています。


セミナーの後は懇親会も計画されています。ぜひぜひ皆様のご参加をお待ちしております。

EC-CUBE DAY 2014 で登壇します

|

こんにちは。朝山です。9月になって少しばかり秋らしくなってきましたね。

今月9月11日には浅草橋 ヒューリックホールにてEC-CUBE DAY 2014が開催されます。今年は株式会社ロックオンさんが上場されたということもあり、かつてない規模で開催されます。ぜひぜひ皆様、ご出席ください。

参加申し込みはこちらから。

http://www.ec-cube.net/events/eccube_day_2014/

 

今回わたくし朝山も、マイクロソフトさんのスポンサーセッションで話をさせていただくことになりました。マイクロソフトさんはもちろんAzureです。そして朝山はEC-CUBE工房 BtoB ASPとAzureの取り組みについて紹介させていただく予定です。

現在、2013年から弊社ではEC-CUBE工房 BtoB ASPというサービスを開始しています。BtoB向けに機能拡張したEC-CUBEをサーバ費用、保守費用込で提供するサービスになります。FAX受注からWEB受注に切り替えて人的コスト削減を図りたいけど、EC-CUBEをカスタマイズするのでは改造コストがかかりすぎる、という相談をしばしばいただいていたので、そういったニーズを吸収して開発しました。実際に利用されている企業様では、あまりに独自の要件が多いためASPというよりは、普通にBtoBサイトのベースとして利用したというケースが多いというところが実情です。

このBtoB ASPですが、Azureを基本に展開しています。もちろんEC-CUBE工房BtoB単体としては、Azureでなければならない理由はあまり考え付かないです。ただ、基幹系連携を考えるとAzureだと便利がよいのです。

BtoBサイトをされている会社さんの多くは、社内に基幹系システムというかERPというか、もっとカジュアルに言うなら販売管理ソフトを利用されています。その販売管理ソフトのシェアの約半分は商奉行か弥生販売だと言われています。奉行や弥生以外もそうですが、10年以上前から導入されていて、社内にwindows系のサーバを立てて、windows系のクライアントで利用するいわゆるクラサバアプリとして稼働しているケースが多いようです。そして案外シェアが大きいのはスクラッチ開発の自社専用ソフトですが、たいていはVisual Basic+ODBCで構築されているか、もっと簡易にMicrosoft Accessで作られているケースです。

EC-CUBE工房BtoBの連携先はたいていはそのようなWindows上で動いているアプリです。これまでは、ファイルをダウンロードして疎に結合するような仕組みをおすすめしていました。ですが、一部にはEC-CUBEのデータベースにODBCで直結してもらえば、あとは自分たちでクエリを作って連携するとおっしゃる会社さんもありました。一昔前ですと、データセンターまでVPNを引くのもいろいろ面倒だし、かといってポートをあけて平文ODBC直結というわけにもいかないので、ファイルダウンロード用の自動スクリプトを作ってあげるのでこれで我慢してください、といった対応をしていました。スクリプトの中には、ログイン用のIDとPSWを仕込んでおかなければならないので、ややダサい感じです。

それから数年が経ち、気が付いてみると時代はかなり変わっていしました。PostgreSQLのODBCドライバはSSL対応です。いつごろからそうなったのでしょうか。弊社がEC-CUBEをやり始めた2006年や2007年ごろは、そんな機能はなかったように思います。またAWSなどではVPCに仮想プライベートゲートウェイを置いて、さくっとVPN接続ができたりします。なので、もうhttpsじゃなくても連携はできますね。

さらにWindowsからAzureへはもっとお手軽に連携ができます。Point to Siteという機能を使うと、ローカルPCからもさくっとVPNでつなげてしまいます。この点はAzureならではです。あとはVBSでも.Netアプリでも都合のいいWindowsアプリで自由自在に連携できます。

わたくしのお客様の中にも、かつてクラサバアプリを導入したお客様が何件もいらっしゃいまして、そのお客様の社屋においているサーバーの保守が結構たいへんなのです。UPSのバッテリー交換や、ハードディスク交換、そして来年7月の2003Serverのサポート切れなど、出張対応しないといけない事態が結構あります。それを考えると、これを機にクラウドに移してしまってはどうかなと思わずにはいられません。そんなとき、EC-CUBEでは正直なところAzureではなくてもいいのですが、Windows上のシステムを動かすにはAzureが本命ということになります。DBとドメインコントローラーも同居させてしまっているのが問題なのですが、最近はAzure ADなるものがあるらしく、いろいろうまくいきそうだなと思って研究中です。

ちょっと脱線してしまいましたが、このあたりの事情がBtoB ASPをAzureで稼働させようと思った理由でもあります。BtoB のECは、販売管理システムの受注部分のWEB化というような意味あいがあります。販売管理システムもクラウドで稼働させるという流れが遅かれ早かれ来ると思うのですが、その際はAzureは最有力なサービスなのではないかと思います。

マイクロソフトさんのセッションではちょっとしたデモを予定していますして、ローカルPCからpoint to siteでAzure上のEC-CUBE工房BtoB ASPのサンプルサイトに連携してみたいと思います。

そのほか、BtoB ASPの優れた機能もたくさん紹介したいのですが、セッションでは限られた時間しかありませんので、詳しくお知りになりたい方はマイクロソフトさんのブースにいらっしゃれば、ご説明いたします。

 

ページ

RSS - asayamaのブログ を購読