asayamaのブログ

越境ECセミナー登壇

|

朝山です。先日10/26に株式会社ロックオンさんの主催の越境ECセミナーにパネリストとして登壇してきました。(https://www.lockon.co.jp/release/6386/)

と言いながら、実は越境ECサイトというものは作ったことがないです。

その理由は後で説明するとして、どんなサイトなら作ったことがあるかと言いますと、インバウンド向けサイトとか、BtoBの海外向けサイトなどです。インバウンドはここ数年、とても流行している言葉ですね。海外からの観光客向けのサービスを指しているのですが、インバウンドという言葉だけ聞くと、コールセンターの話かと思ってしまいます。


インバウンド向けでどうやってECサイトが成立するのか、イメージわきますか? 実はいろいろなサービスがありますが、国内に住んでいる私たちは使わないですし目にすることが少ないです。

逆に海外旅行に行くとその国のインバウンド向けサービスを目にします。現地に着くと日本語で書かれた無料のガイドブックなどをもらうことがあると思います。そこには現地のお店とかサービスの宣伝がいろいろ掲載されていますよね。同じように、訪日観光客向けにもそれぞれの言語で作成された無料のガイドブックがあります。日本のガイドブックの中身をじっくり見たことがないかもしれませんが、旅行者が手にされているのを目にすることがありませんか。そこには観光客に向けてのサービスがいろいろ書かれていて、そこにはいわゆるインバウンド向けビジネスがあります。

弊社で初めてEC-CUBEで多言語サイトのお手伝いをしたのは、そういうガイドに掲載されているインバウンド向けサービスでした。2010年ごろでしたから、訪日客のことをインバウンドと言ったりはしていなかったと思います。

そのサイトのメインのサービスはスーツケースをホテルや空港にお届けする運送業でした。そのサイトで日本のお土産を販売して、空港にお届けするようにしたところ、人気が出たそうです。なかでも冷凍のお寿司が人気で、どうやら空港で受け取って、帰国されてすぐに家族と食べたいと思って購入されるようです。そのほか大きな皿や壺など重量のある品も空港渡しが都合が良いようです。免税店なども、ECサイトで注文して空港で渡すというサービスをされているところがあります。

他にも、日本で使えるSIMカードの容量追加サービスなどもお手伝いしたことがあります。これも旅行代理店やガイドブックと切り離せないインバウンド系サービスです。

このようなインバウンド向けサービスは2020年に向けてどんどん増えてくるのではないかと思います。こういうケースではEC-CUBE3はsilexベースなので、EC-CUBE2よりは言語差し替えなどやりやすいです。

とはいえ、本格的に越境ECといえば、日本のサイトに外国からアクセスがあり、EMSとかで海外に発送するというイメージなのではないかと思います。弊社でもしばしば相談いただくのではありますが、なかなか実際のサイト構築には至りませんでした。その理由なのですが、越境ECそのものはある程度順調に成長すると越境ECではなくなってしまうからだと思っています。

日本から発送して外国の注文者に商品を届ける場合、送料が問題になります。それでも、日本のECサイトでしか手に入らない商品であれば成立します。もしそういう商品に継続的な需要があるとしたら、本格的越境ECとして整備するというよりは、相手先の国に代理店を作って販売したほう輸送効率がよくなります。そうなると越境ECじゃなくて普通の輸出です。そういうわけで越境ECと言っている間にはECサイト整備の予算はそれほどなく、売上ができて予算が出るところまでいけば本格的に輸出ということになり、ECサイトを作るとすれば現地の代理店の仕事になります。

越境ECの相談の際に、カスタマイズのコストや運用のコストがしばしば問題になります。最初は、国内向けサイトと言語切替ボタンを作って全く同じ仕組みで、海外出荷ができるサイトを作りたいという要望なのですが、運用を考えてみると、デメリットも大きいことに気が付きます。受注をまとめて納品書を印刷したり、B2とか飛伝とかにデータを送るという運用をされていることが多いと思いますが、一部だけはinvoiceを印刷してEMSに出すとかしないといけなくなります。ほかにも郵便番号や都道府県があったりなかったりなど、受注をまとめて処理しにくいいろいろな要素があり、私の考えでは、国外向けは国内向けとは別にサイトを作ったほうが都合がいいと思います。

 

その点、転送コムさん(http://www.tenso.com/)のサービスはとても現実的だなと思いました。tensoさんは、外国人のお客様の代わりに荷物を日本国内で受け取って、まとめて外国に発送してくれるというサービスになります。tensoさん経由の場合、ECサイト側では海外向けの特別な作業をする必要がありません。お話を聞いたところ、いったん日本で荷物を受け取って開梱して、荷物もまとめて、invoiceを作って送ってくれるそうです。

マシュマロの「やわはだ」さん(http://sanpasta.ocnk.net/)は、SNSで人気爆発して海外からの注文が増えて、最初はEMSで送られていたそうですが、手間が大変なので現在はtensoさんを使ってくださいということになっているそうです。

マシュマロ

これ、やわはださんからもらったマシュマロです。こんなことを書きながら、マシュマロは関係ない。本文には関係ない。という歌詞を思い出しました。でも本文に関係ありますw

やわはださんのサイトの海外の注文者向けの説明ページが良くできています。(http://sanpasta.ocnk.net/page/29) たくさんの問い合わせをもらいながら整備したそうです。参考になります。

結論としては、狙って越境ECというよりも、SNSなどで種を撒きつつ、もし注文が入ったら転送コムさん経由で買ってもらうというところからスタートするのが良いと思います。またお客さんが米国ならpaypalが使えると安心してもらえるというところはあると思います。

 

システムフレンドはこんなことをしています

|

こんにちは。朝山です。早いもので、10分前に10月になってしまいました。多くの企業ではこれから下期の始まりですね。システムフレンドもどちらかというと上期はのんびりしていて下期が忙しい傾向があります。

今日はシステムフレンドのことを紹介しようと思います。「システムフレンドって何やってるの?」と質問されたとき、いろいろやっているので、なかなか一言で答えられません。そこで今日はどんな仕事をやっているのかを前期のセグメント別売上比率で紹介したいと思います。


最初はサービスのジャンル別売上比率です。

 

ジャンル別売上比

当社のチームは4つありまして、それぞれのジャンルを担当しています。業務システムのチーム、エンタメ系のチーム、医療系のチーム、地域ビジネスのチームとなっています。エンタメ系、医療系、地域ビジネスのチームはここ5年くらいの間にできたチームなのですが、合計すると売上の半分を占めるばかりに成長しています。

 

以下、それぞれの仕事を簡単に紹介したいと思います。

(1)業務システム開発

いわゆる会社でつかっているシステム全般を開発しているのですが、それは非常に幅野広い分野になります。かつては、システムフレンドでは相談をいただけばジャンルは選ばず開発していたのですが、ここ数年はいくつかの軸に絞ってお仕事を引き受けるようにしています。

その軸がBtoB、BtoCといった企業の対外サービスサイトです。その他のシステムは対外サービスではないので企業内システムとしています。

BtoBとはBusiness-to-businessの略で、おもに企業が企業から受注するためのWEBサイトの構築になります。

BtoCはBusiness-to-consumerの略で、これは企業が消費者に販売するWEBサイト、ECサイトやネットショップと呼ばれるサイトの構築がメインになります。

BtoB,BtoCでは物販サイトであればEC-CUBEを使っています。その他のサービスの場合はDrupalというオープンソースのCMSを使うか、スクラッチで開発しています。

企業内システムは、BtoBとBtoCを中心に仕事をする以前からのお取引で引き受けているお仕事などがほとんどなのですが、オープンソースのグループウェアであるaipoを利用した開発もこのジャンルに入れています。

なお、この3つのカテゴリはそれぞれ開発だけでなく保守やサポートも行っており、それはそれぞれの売上の2割近くを占めています。

(2)エンターテイメント

この分野は本当にエンターテイメント的な仕事が多かった年もあるのですが、現状はエンターテイメントという言葉でまとめれないです。楽しくて新しくて未来っぽいという意味では広義のエンタテイメントと言えなくはないと思います。AR,MRを中心に未来を実現するプロトタイプなどを作っています。

(3)医療

エンターテイメントで培われたセンサーや3Dを扱う技術を医療に応用しています。MMV鑑(あきら)というKinectを使った関節可動域測定装置を医療機器として登録しています。その鑑(あきら)からスピンアウトしたいくつかのプロダクトもあります。

(4)地域ビジネス

まいぷれ広島の運営やデジタルサイネージの運営をしています。このカテゴリではシステムの開発は行っていません。

 

30人程度の会社で4つも分野がありますので「選択と集中」とは程遠い状況に見えるのですが、それでも10年前と比べると得意とする分野が確立され、得意な分野で勝負できるようになってきています。


次は商流についてです。

 

商流別売上比

一次請け、つまり直接エンドユーザーからお引き受けしている仕事が7割です。この比率は集計していて僕自身、ちょっとびっくりしました。この数字は設立当初はもちろん0で、その後も良くて2割程度だったと思います。

これは営業専業のメンバーを置かず、WEBからのインバウンドに頼っていることの結果だと思います。受託開発の仕事は直ユーザーにアウトバウンドでアプローチしても取れないと思います。一方、インバウンドは開発業者のケースもエンドユーザー直接のケースもありますが、開発する当社とエンドーユーザーが直接お話をしたほうが、間にほかの会社がはいって伝言ゲームとマージンが発生するより、スピーディーに話が決まりやすいのではないかと思っています。

一方、二次請け、つまり下請け的な仕事が3割です。下請けといいましても、要件定義から入って保守までお手伝いしていますので、単なる下請けという認識はあまりないです。


最後は地域です。これはお客様の所在地での集計になります。

地域別売上比

 

当社は広島の会社なので、広島のお客様の仕事が多いです。広島4割、東京6割という状況です。この数字についての評価ですが、結構、広島で頑張ってると言ってよいのではないでしょうか。
広島から東京に支社を出すと、東京側の仕事が増え、東京側にどんどん人員がシフトして、やがて東京の会社っぽくなってしまう会社というのをよく見ます。当社も東京に支社を出して10年になりまして、売上は5,6年前から東京側のほうが多くなっているのですが、その後はこれくらいの割合で均衡しています。
当初は東京で仕事をもらってオフショア的に広島で仕事をするという目論見だったのですが、現在は東京で得た情報をもとに広島でビジネスをするという新たなパターンが生まれて来ていまして、このような比率になっているのではないかと思います。


解説については、極々ざっくりとしたものではありますが、こういったグラフを見ると、システムフレンドというのがどういう会社なのかイメージしていただけるのではないかと思います。

 

社長の朝山です

|

こんにちは。朝山です。

社長就任以来の初投稿になりました。今後ともどうぞよろしくお願いします。

社長という肩書のインパクトが想像より大きかったので正直なところ少し驚いています。
いきなりでびっくりしました、という反応も多かったので、少しばかり経緯をご説明できればと思います。


システムフレンドの設立は1997年8月13日ですので、今月はまさに20周年に当たります。
創業メンバーは現会長の岡本と私こと朝山の2名でした。


岡本は前職時代の私の上司でして、岡本からは仕事の厳しさも学びましたが、何より仕事の面白さも教えてもらいました。岡本に付いてあちこち出張したり、さまざまな業種のお客様の仕事をさせてもらいました。そのようなわけで、まだ前職の際に、岡本がやめて親の世話のために地元に帰るかもしれないという話を聞いたとき、「岡本さんがやめると仕事がつまらなくなるな」と思いました。(結果的には、親元に戻られるということはありませんでした)

そのしばらく後に、出張先でひと仕事終わり、一緒に食事をしている席で、辞めて独立しようと思うという話を聞きました。その際、一緒にやらない?と誘われたのですが、素直にうれしかったので「やります」と即答したのがシステムフレンドとの関わりとの始まりになりました。どうせ一緒に始めるのなら、勉強と思って出資してみたらどうかと勧められたので、それもまた即答で出資させてもらうことにしました。1割でしかありませんでしたが、私自身も創業者の1人だという意識を持ってこれまでやってきました。

今になって思えば、「何をするか」より「誰とするか」という視点で選択をしたということなのですが、若い時の選択としてはその視点は悪くないのではないかと思います。

社員が増え、2003年に有限会社から株式会社に組織変更した際に、正式に取締役になりました。

2008年からは東京支社を作ることになり、東京に移転しました。EC-CUBEやaipoなど、オープンソースのソフトを使った開発を提案するスタイルがうまくいき、マンションの1室からスタートして、小さいながらもオフィスを借りることができるようになりました。当初、5年程度東京に行って、その後広島に戻るという計画でしたが、東京のお客様が多くなって広島にはなかなか戻れないという状況が現在まで続いています。

2016年からは医療機器・福祉機器の東京側での販売の支援もすることになり、そちらのほうも徐々に結果が出始めているという状況です。

もともと岡本がCEO的に、東京支社設立の件や医療機器販売の件など方向性を決めて、私がCOO的に実行するというスタイルで、ここ10年ばかり運転してきています。岡本が会長になり私が社長になっても、その役割分担は大きく変わらない予定です。

そのような経緯がありまして、私の中では社長になったということは緩やかな世代交代のための1ステップでしかないつもりだったのですが、予想以上にたくさんの方にお祝いの言葉と激励の言葉をいただいてびっくりしました。うれしくもあり、いくらか照れくさくもありました。

上記のような事情ですので、現場での仕事も当面はそのまま続行する予定です。もちろん、「緩やかな世代交代」は私より下の世代でも進めていかないといけませんので、若いメンバーにもどんどんフロント側に出てきてもらうつもりです。社長という肩書になったことは、そのような変化を進める上での推進力になると思います。

肩書は少し変わりましたが、これからも気楽に声をかけていただければ嬉しく思います。

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

ラーニングテクノロジー2016に鑑(アキラ)を出展します

|

今週、6/8(水)から6/10(金)に開催されるラーニングテクノロジー2016にモバイルモーションビジュアライザー鑑(アキラ)を出展いたします。

場所は有楽町の東京国際フォーラムです。朝山まで連絡くだされば招待券をさしあげます。公式サイトにて事前に登録することによっても無料で入場できます。

展示場所は「EdTech Playground」エリアでブース番号は444です。

鑑(アキラ)は教育用のソフトではなく医療用なのですが、患者の動作の記録を、医師や理学療法士と患者がいっしょに見ながら正しい体の動かし方を教えるツールとしても活用されています。理学療法士やスポーツトレーナーの教育の支援ツールとしても活用していただけると思います。

なお6/9(木)10:50-11:10にオープンシアターBにて、朝山が話をさせていただきます。鑑であきらかになる体の面白い話をしたいと思います。

朝山がしゃがんでいるところを鑑で計測してみました。このしゃがみ具合は良いでしょうか。問題ありでしょうか。当日説明いたしますので、ぜひお越しください。

鑑(アキラ)でフィットネス

|

朝山です。本日「品テクFAN & FUN meetup (TMCNコミュ総会Vol.16)」に鑑(アキラ)を展示させてもらうことになりました。直前なんですが、鑑についてご紹介。

鑑は医療機器なんですが、フィットネスでの利用も検討されています。それでトレーナーの方とお話しながら、私自身も体の関節可動域を計測してみるのですが、結構面白いのです。

たとえば下の画像。どちらが良いバンザイだと思いますか? (笑)

 

 

 

 

写真だけでは分かりにくいですね。トレーナーの方は気が付くかもしれません。ですが、下の鑑(アキラ)で計測した関節を表示するとどのように見えるでしょうか。 

これなら分かりますでしょうか。 

 

 

 

 

もっと分かりやすく、関節の角度を表示してみます。 

左はトレーナーの佐藤さんです。佐藤さんは肩の関節の可動域が大きいです。右は弊社の未来福祉の責任者の東です。肩の関節の可動域が佐藤さんよりは狭くなっていることが分かります。同じようにバンザイできていても、肩の関節の角度は違うのです。 

肩の可動域が足りないのにどうしてバンザイできるのか。それは肩甲骨で手を持ち上げているからなのです。だから肩の関節の可動域が小さくなっていてもなかなか気が付きにくいのだと思います。肩の関節の可動域が足りなくなると、インピンジメント症候群や四十肩のような問題につながる可能性があります。ですから、日ごろから関節の若さを保つようにストレッチなどをしたほうがいいんです。 

企業のデスクワーカー向けに鑑をつかって計測して、トレーナーによって運動の指導をするという企画を計画していまして、ひとまずはシステムフレンドで試してみようかと思っています。関心がありましたら、皆さまのオフィスにも鑑を持っていきますので声をかけてください。

CareTEX2016を見に行きました

|

朝山です。先週、東京ビッグサイトで開催されたCareTEXの招待状をいただきましたので、行ってきました。第二回目なのですが、大盛況でした。VIPパーティーとかも開かれていて、参加させていただいたのですが、いろいろ勉強になりました。

最初のお伺いしたのは日本光電さんの見守りシステムのSUKOYAKAのブース。弊社製品のスマクロのコラボ企画をさせていただいたご縁もあります。見守りシステムも各社から出ているようなのですが、まだまだこれから普及というところのようですね。ですが10年後とかにはあって当たり前のシステムになるのではないかと思います。

弊社でも広島の理学療法士さんたちと一緒にケアグッズというサイトを企画し運営していますので、新しい福祉用品にはアンテナを張っておきたいところです。いくつか朝山目線で気になった商品のパンフレットをもらってきました。

最初はおしゃれな介護スタッフのユニフォーム。ユニフォームがいい感じだと雰囲気も素敵になりますよね。スタッフも介護される側もモチベーションが上がると思います。ただおしゃれなだけでなく、機能性も考えられた服がたくさん展示されていて、とてもいいなぁともいました。ケアグッズでもファッションショー的なことができると面白いのではないかな、と思いました。もちろん、モニターでいらっしゃる方がモデルのファッションショーです。

次は、特殊衣料さんのまなび体。特殊衣料さんは保護帽子などを作られている会社さんです。このまなび体は高齢者とか片麻痺の疑似体験をできる装具です。私も体験させてもらっちゃいましたが、片麻痺の方がどうしてこういう歩き方になるのか、体で理解することができました。ちょっと高いのですが、これ欲しいな、と思いました。ケアグッズで製品をテストする際に、患者さんの目線で評価することもできるのではないかと思います。また鑑Akiraでの計測もしてみたいなと思いました。

いくつかのブースでは作業をサポートするウェア類を見せていただきました。介護の現場は重労働なのでスタッフ向けのウェアという側面と、患者さん向けのウェアという両方の側面があります。これらも欲しいです。鑑Akiraでこれらの製品の効果を計測してみたらどんな風だろうかな、と思いました。体感的に楽になるのであれば、外から動きを計測しても結構違いが出てくることが多いので、どのような変化があるのかを調べてみると面白いと思ています。

高齢者向けの介護レクということで、おとなの学校というサービスがありました。介護施設で高齢者の方に人気のあるレクリエーションは書道や古典の授業だそうなんです。いわゆる現役時代にはいろいろ興味があっても学ぶ時間がとれなかったものを、引退してからいろいろ学びたいという気持ちを持たれている方は多いみたいです。これから活発になるサービスなのではないかなと思いました。

というわけで、簡単ですがケアテックスのレポートでした。

ページ

RSS - asayamaのブログ を購読