ブログ

越境ECセミナー登壇

|

朝山です。先日10/26にロックオンさんの主催の越境ECセミナーにパネリストとして登壇してきました。(https://www.lockon.co.jp/release/6386/)

と言いながら、実は越境ECサイトというものは作ったことがないです。

その理由は後で説明するとして、どんなサイトなら作ったことがあるかと言いますと、インバウンド向けサイトとか、BtoBの海外向けサイトなどです。インバウンドはここ数年、とても流行している言葉ですね。海外からの観光客向けのサービスを指しているのですが、インバウンドという言葉だけ聞くと、コールセンターの話かと思ってしまいます。


インバウンド向けでどうやってECサイトが成立するのか、イメージわきますか? 実はいろいろなサービスがありますが、国内に住んでいる私たちは使わないですし目にすることが少ないです。

逆に海外旅行に行くとその国のインバウンド向けサービスを目にします。現地に着くと日本語で書かれた無料のガイドブックなどをもらうことがあると思います。そこには現地のお店とかサービスの宣伝がいろいろ掲載されていますよね。同じように、訪日観光客向けにもそれぞれの言語で作成された無料のガイドブックがあります。日本のガイドブックの中身をじっくり見たことがないかもしれませんが、旅行者が手にされているのを目にすることがありませんか。そこには観光客に向けてのサービスがいろいろ書かれていて、そこにはいわゆるインバウンド向けビジネスがあります。

弊社で初めてEC-CUBEで多言語サイトのお手伝いをしたのは、そういうガイドに掲載されているインバウンド向けサービスでした。2010年ごろでしたから、訪日客のことをインバウンドと言ったりはしていなかったと思います。

そのサイトのメインのサービスはスーツケースをホテルや空港にお届けする運送業でした。そのサイトで日本のお土産を販売して、空港にお届けするようにしたところ、人気が出たそうです。なかでも冷凍のお寿司が人気で、どうやら空港で受け取って、帰国されてすぐに家族と食べたいと思って購入されるようです。そのほか大きな皿や壺など重量のある品も空港渡しが都合が良いようです。免税店なども、ECサイトで注文して空港で渡すというサービスをされているところがあります。

他にも、日本で使えるSIMカードの容量追加サービスなどもお手伝いしたことがあります。これも旅行代理店やガイドブックと切り離せないインバウンド系サービスです。

このようなインバウンド向けサービスは2020年に向けてどんどん増えてくるのではないかと思います。こういうケースではEC-CUBE3はsilexベースなので、EC-CUBE2よりは言語差し替えなどやりやすいです。

とはいえ、本格的に越境ECといえば、日本のサイトに外国からアクセスがあり、EMSとかで海外に発送するというイメージなのではないかと思います。弊社でもしばしば相談いただくのではありますが、なかなか実際のサイト構築には至りませんでした。その理由なのですが、越境ECそのものはある程度順調に成長すると越境ECではなくなってしまうからだと思っています。

日本から発送して外国の注文者に商品を届ける場合、送料が問題になります。それでも、日本のECサイトでしか手に入らない商品であれば成立します。もしそういう商品に継続的な需要があるとしたら、本格的越境ECとして整備するというよりは、相手先の国に代理店を作って販売したほう輸送効率がよくなります。そうなると越境ECじゃなくて普通の輸出です。そういうわけで越境ECと言っている間にはECサイト整備の予算はそれほどなく、売上ができて予算が出るところまでいけば本格的に輸出ということになり、ECサイトを作るとすれば現地の代理店の仕事になります。

越境ECの相談の際に、カスタマイズのコストや運用のコストがしばしば問題になります。最初は、国内向けサイトと言語切替ボタンを作って全く同じ仕組みで、海外出荷ができるサイトを作りたいという要望なのですが、運用を考えてみると、デメリットも大きいことに気が付きます。受注をまとめて納品書を印刷したり、B2とか飛伝とかにデータを送るという運用をされていることが多いと思いますが、一部だけはinvoiceを印刷してEMSに出すとかしないといけなくなります。ほかにも郵便番号や都道府県があったりなかったりなど、受注をまとめて処理しにくいいろいろな要素があり、私の考えでは、国外向けは国内向けとは別にサイトを作ったほうが都合がいいと思います。

 

その点、転送コムさん(http://www.tenso.com/)のサービスはとても現実的だなと思いました。tensoさんは、外国人のお客様の代わりに荷物を日本国内で受け取って、まとめて外国に発送してくれるというサービスになります。tensoさん経由の場合、ECサイト側では海外向けの特別な作業をする必要がありません。お話を聞いたところ、いったん日本で荷物を受け取って開梱して、荷物もまとめて、invoiceを作って送ってくれるそうです。

マシュマロの「やわはだ」さん(http://sanpasta.ocnk.net/)は、SNSで人気爆発して海外からの注文が増えて、最初はEMSで送られていたそうですが、手間が大変なので現在はtensoさんを使ってくださいということになっているそうです。

マシュマロ

これ、やわはださんからもらったマシュマロです。こんなことを書きながら、マシュマロは関係ない。本文には関係ない。という歌詞を思い出しました。でも本文に関係ありますw

やわはださんのサイトの海外の注文者向けの説明ページが良くできています。(http://sanpasta.ocnk.net/page/29) たくさんの問い合わせをもらいながら整備したそうです。参考になります。

結論としては、狙って越境ECというよりも、SNSなどで種を撒きつつ、もし注文が入ったら転送コムさん経由で買ってもらうというところからスタートするのが良いと思います。またお客さんが米国ならpaypalが使えると安心してもらえるというところはあると思います。

 

【シスフレ日記 Vol.4】外国人社員にインタビュー!Part.1

|

こんにちは。受付の高橋です。
11月になりました。通勤電車から見る景色も、綺麗に紅葉した桜並木が見られるようになりました。朝の混雑した電車で、毎朝同じ場所を通っても、こうして四季を感じながら通勤できるのは嬉しいですね。

 

さて、前回のブログで外国人社員3人の姿をちらっとお見せしましたが、今日はその中の1人にインタビューしてみたいと思います!

今日ご紹介するのは、Alejandro Diez(アレハンドロ・ディエス)さん。
スペイン出身の35歳。社内ではみんなから「アレックス」と呼ばれています。

―今、どのようなお仕事をされていますか?
私の役割は、未来福祉チームにおいてのアプリケーションの開発です。
システムフレンドに入社してから鑑(AKIRA)の開発に参加しています。最近の主な仕事はAKIRAのカスタマイズバージョンの開発と色々な新しいコースの開発です。

 

―日本で働くことになったいきさつを教えてください。
結婚した後、スペインに2年間住みましたが、妻は母国である日本に帰りたいという気持ちが大きくなり、日本に引っ越すことに決めました。4年前に日本に来た時は日本語を話せなかったので、広島YMCA専門学校の日本語コースに2年間通いました。日本語コースを卒業した後で、日本に住み続けるために自分の専門分野での仕事を探し始めました。その時にシステムフレンドに出会い、日本で働くことになりました。つまり、妻とシステムフレンドのおかげで、現在、美しくて安全な町に住んでいます。

 

―システムフレンドの良いところはどんなところだと思いますか?
ひとつのポイントは会社の上司や仲間です。皆さん優しいので職場の環境がすごくいいです。後は、仕事と趣味を重ね合わせているので、働きながら楽しむことができます。更に、色々新しいことを学べるのでいつも成長できる可能性があります。

 

4年前に日本に来られた時は日本語が話せなかったそうですが、現在の流暢な日本語に驚きです・・・!『働きながら楽しむことができる』という言葉がとても印象的でした。そして、皆さん優しくて職場の環境が良いというのは、私も日々感じていることです(^^)
お忙しい中、インタビューにお答えいただきありがとうございました!

 

「外国人社員にインタビュー!Part.2」をお楽しみに~♪

 

【シスフレ日記 Vol.3】インターナショナル!

|

こんにちは。受付の高橋です。
朝晩冷え込むようになってきましたが、みなさん体調を崩されてないでしょうか?

さて、入社してから三週間が経ち、社員のみなさんの名前も覚え少しずつ業務にも慣れてきました。とは言っても、まだまだ知らないことの方が多く、毎日色々な発見があります。その中でも、この会社に入って特に驚いたことが、「社員に外国の方がたくさんいる!」ということです。

現在、広島本社では3名の外国籍の社員が働いているのですが、国籍はドイツ、スペイン、バングラディッシュ・・・と様々。(東京支社にも1名、外国籍の社員がいます。)入社当初、「え?もしかしてどこかの会社みたいに、社内の公用語は英語なのかな!?」と、一瞬焦ったのですが(笑)、みなさん日本語がとてもお上手です。

日本語のレベルアップのために、社内で、外国人社員それぞれに合わせた言語クラスが毎週開かれているんです。ちなみに、日本人社員向けの英語のクラスもあるんですよ!なんともインターナショナル!ですよね?(言語クラスについてはまたいつか詳しくお伝えできたらと思っています ^^)

みなさん、どのような方で、どのようなお仕事をされているのでしょうか?気になりますね~。
続きはまた次回!お楽しみに~!

【シスフレ日記 Vol.2】コーヒータイム

|

こんにちは。受付の高橋です。
広島は台風の影響で週末まとまった雨が降りましたが、今日は台風一過で久しぶりの青空になりました。
入社してから、私は初めての電車通勤をしているのですが、朝の通勤ラッシュになかなか慣れません。
特に今月は雨の日が多く、雨だとさらに混雑するので、会社に着いたときにはすでにぐったり・・・なことも多々。

そんな朝、私を癒してくれるのが、給湯室から漂うコーヒーのいい香り。
当社ではコーヒーが飲み放題なのですが、豆にこだわりあり!
広島で有名なgreen coffee〈グリーンコーヒー〉さんのコーヒー豆を使っています。

グリーンコーヒーさんは、たくさんのカフェや雑貨屋さんでも取り扱いがある広島で人気のコーヒー専門店で、ここのコーヒー豆のファンの方もいらっしゃるのではないかと思います。
もともとあまりコーヒーを飲まなかったのに、当社に入社してからコーヒー好きになった、という方も多いそうなんです。
そんな美味しいコーヒーが毎日好きなときに飲めるなんて!贅沢~。
この会社に入って良かった!と思うことの一つでもあります。笑
コーヒー以外にも、紅茶や緑茶、ほうじ茶などの飲み物が好きなときに飲めるんですよ♪

 

そして、飲み物だけではありません。

なんとお菓子も食べ放題です!
この充実っぷり!太っ腹~!
社員が快適に働く環境が整っています。
お昼時間が近づくと、周りからお菓子の包みを開ける音がちらほらと。笑
仕事中にほっと一息つける瞬間があるのはとてもいいことですよね。
今日もコーヒーの香りに癒されながら、頑張りたいと思います(^^)

【シスフレ日記 Vol.1】はじめまして♩

|

はじめまして!

10月より、受付として入社いたしました高橋と申します。

このたびこちらでブログを書かせていただくことになりました。

これからどうぞよろしくお願い致します!

 

最初の更新ということで、少しだけ自己紹介を。

岡山県出身、広島に住んで17年になります。

8歳と4歳の娘がおり、毎日家事と育児に奮闘しております。

趣味はネイルとカフェ巡り。

・・・というような、システム開発とは全く縁のないような普通の主婦です(笑)

最初にシステムフレンドに面接に来たときは、この会社が一体どんな仕事をしているのか

それすらわからない状態でした。

 

当社の主な仕事の一つに、企業が消費者に販売するWEBサイト、

ECサイトやいわゆるネットショップとよばれるサイト構築があります。

私はネットショッピングが大好きで、普段から服や雑貨、食料品などをネットで買うことが多いのですが、

これまで何度ものぞいたことのあるお店のサイトが、実は当社が開発したものだったのです!

自分とは縁のない世界だと思っていたことが、途端に身近なものになった瞬間でした。

この他にも、4つの分野に分かれて、それぞれ何だか面白そうなことをしている様子。興味津々です!

入社して2週間、まだまだわからないことだらけですが、これから少しずつ、

私の目線で、当社の魅力をご紹介していけたらなと思っております。

 

 

早速ですが、10月7日に開催された、システムフレンド創立20周年記念パーティーの様子をお伝えします。

社員とその家族のみが招待されたパーティーでしたが、社員表彰が行われたり、当社の20年の歴史を振り返ったスライドショーが上映されたり、

当社の製品であるきゃらみらーを使った子供たちが楽しめるゲームがあったりと盛沢山の内容で、大盛況でした。

 

 

入社早々、まだ何も仕事ができない私が、20周年という節目となるパーティーに参加することは正直気が引けましたが、これまで皆さんが築いてきた会社の歴史を詳しく知ることができ、私も早くこの会社の一員として貢献したいという思いをより一層強くする、とても良い機会になりました。

そして、これから30年、40年とさらに進化していくであろう当社の歴史の一ページに今度は自分も加わることができるのだなとワクワクしています!

まだ電話を取ることしかできない新人ですが、少しでも皆さんのサポートができるよう頑張りますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

システムフレンドはこんなことをしています

|

こんにちは。朝山です。早いもので、10分前に10月になってしまいました。多くの企業ではこれから下期の始まりですね。システムフレンドもどちらかというと上期はのんびりしていて下期が忙しい傾向があります。

今日はシステムフレンドのことを紹介しようと思います。「システムフレンドって何やってるの?」と質問されたとき、いろいろやっているので、なかなか一言で答えられません。そこで今日はどんな仕事をやっているのかを前期のセグメント別売上比率で紹介したいと思います。


最初はサービスのジャンル別売上比率です。

 

ジャンル別売上比

当社のチームは4つありまして、それぞれのジャンルを担当しています。業務システムのチーム、エンタメ系のチーム、医療系のチーム、地域ビジネスのチームとなっています。エンタメ系、医療系、地域ビジネスのチームはここ5年くらいの間にできたチームなのですが、合計すると売上の半分を占めるばかりに成長しています。

 

以下、それぞれの仕事を簡単に紹介したいと思います。

(1)業務システム開発

いわゆる会社でつかっているシステム全般を開発しているのですが、それは非常に幅野広い分野になります。かつては、システムフレンドでは相談をいただけばジャンルは選ばず開発していたのですが、ここ数年はいくつかの軸に絞ってお仕事を引き受けるようにしています。

その軸がBtoB、BtoCといった企業の対外サービスサイトです。その他のシステムは対外サービスではないので企業内システムとしています。

BtoBとはBusiness-to-businessの略で、おもに企業が企業から受注するためのWEBサイトの構築になります。

BtoCはBusiness-to-consumerの略で、これは企業が消費者に販売するWEBサイト、ECサイトやネットショップと呼ばれるサイトの構築がメインになります。

BtoB,BtoCでは物販サイトであればEC-CUBEを使っています。その他のサービスの場合はDrupalというオープンソースのCMSを使うか、スクラッチで開発しています。

企業内システムは、BtoBとBtoCを中心に仕事をする以前からのお取引で引き受けているお仕事などがほとんどなのですが、オープンソースのグループウェアであるaipoを利用した開発もこのジャンルに入れています。

なお、この3つのカテゴリはそれぞれ開発だけでなく保守やサポートも行っており、それはそれぞれの売上の2割近くを占めています。

(2)エンターテイメント

この分野は本当にエンターテイメント的な仕事が多かった年もあるのですが、現状はエンターテイメントという言葉でまとめれないです。楽しくて新しくて未来っぽいという意味では広義のエンタテイメントと言えなくはないと思います。AR,MRを中心に未来を実現するプロトタイプなどを作っています。

(3)医療

エンターテイメントで培われたセンサーや3Dを扱う技術を医療に応用しています。MMV鑑(あきら)というKinectを使った関節可動域測定装置を医療機器として登録しています。その鑑(あきら)からスピンアウトしたいくつかのプロダクトもあります。

(4)地域ビジネス

まいぷれ広島の運営やデジタルサイネージの運営をしています。このカテゴリではシステムの開発は行っていません。

 

30人程度の会社で4つも分野がありますので「選択と集中」とは程遠い状況に見えるのですが、それでも10年前と比べると得意とする分野が確立され、得意な分野で勝負できるようになってきています。


次は商流についてです。

 

商流別売上比

一次請け、つまり直接エンドユーザーからお引き受けしている仕事が7割です。この比率は集計していて僕自身、ちょっとびっくりしました。この数字は設立当初はもちろん0で、その後も良くて2割程度だったと思います。

これは営業専業のメンバーを置かず、WEBからのインバウンドに頼っていることの結果だと思います。受託開発の仕事は直ユーザーにアウトバウンドでアプローチしても取れないと思います。一方、インバウンドは開発業者のケースもエンドユーザー直接のケースもありますが、開発する当社とエンドーユーザーが直接お話をしたほうが、間にほかの会社がはいって伝言ゲームとマージンが発生するより、スピーディーに話が決まりやすいのではないかと思っています。

一方、二次請け、つまり下請け的な仕事が3割です。下請けといいましても、要件定義から入って保守までお手伝いしていますので、単なる下請けという認識はあまりないです。


最後は地域です。これはお客様の所在地での集計になります。

地域別売上比

 

当社は広島の会社なので、広島のお客様の仕事が多いです。広島4割、東京6割という状況です。この数字についての評価ですが、結構、広島で頑張ってると言ってよいのではないでしょうか。
広島から東京に支社を出すと、東京側の仕事が増え、東京側にどんどん人員がシフトして、やがて東京の会社っぽくなってしまう会社というのをよく見ます。当社も東京に支社を出して10年になりまして、売上は5,6年前から東京側のほうが多くなっているのですが、その後はこれくらいの割合で均衡しています。
当初は東京で仕事をもらってオフショア的に広島で仕事をするという目論見だったのですが、現在は東京で得た情報をもとに広島でビジネスをするという新たなパターンが生まれて来ていまして、このような比率になっているのではないかと思います。


解説については、極々ざっくりとしたものではありますが、こういったグラフを見ると、システムフレンドというのがどういう会社なのかイメージしていただけるのではないかと思います。

 

ページ

RSS - ブログ を購読